愛らしい恋活ってどういうものでしょうか?やっぱり、中学生ぐらいの女の子が、気になる男の子の情報を友達に頼んで聞いたりする活動ではないでしょうか。
大人になると、直接聞いたり、彼女がいてもアタックしたりと全然変わってくると思います。
中学生ぐらいの女の子だと、好きと言えなかったり、好きな芸能人の髪型を真似してみたりします。
また、話しかけて欲しくて、気になる男の子の友達と話したり、彼の視線の先に登場したりします。
結局、人間は、経験の生き物だから、段々馴れていきます。
この頃は、失恋が怖いものだし、胸がドキドキする事も多いでしょう。段々、麻痺していくという表現が、正しいのかもしれません。
例えるなら、ファーストキスは、とてもドキドキしたけど、大人になると挨拶ぐらいにしか思わなくなるという事と同じに思います。

人は、こういう経験を経て成長していきます。しかし、結婚すると、あの初々しかった妻はどこへ行ったのだと思う夫も多い事でしょう。

学校や会社に異性がいない、いても好みの人がいない、そもそも若い人がいないなど、出会いに悩む女性は多いのではないでしょうか。
出会いって、なかなかその辺に転がっているものでもないですよね。

私もそうでした。
勤めていたスーパーはパートのおばちゃんばかり、男子社員も数名はいるけれど、いい感じの方はすでに結婚していて、あとは…という感じですね。
本社の方も年配の男性ばかりで、とてもじゃないけど恋愛対象にはなりませんでした。

こんな感じですので、どこで出会ったらいいの?という感じで日々が過ぎていきました。

そんなある日、お店のテナントの女の子があるパーティーに誘ってくれました。
今でいえば、恋活、婚活パーティーのようなものです。

かなりチャラチャラした感じの方も多かったですし、それとは対照的に彼女いない歴が実年齢とイコールのような、マジ本気ムードを出している方も多くいましたが、さがせばなかなか良さそうな方もいらっしゃいました。

そこで結局、まじめで誠実そうだった方とカップルになり、お付き合いをし、最終的に結婚しました。
出会いの無い女子は、積極的にこういう場で出会いを求めるしかないのかなと思います。