近の若者は、恋愛にがつがつしていないと言われています。ゆとり教育の時代というより、色々と楽しい事があるからに思います。

それだけではなく、軟弱傾向も顕著であり、恋愛して傷つきたくないという傾向も強いのだと思います。これは、核家族化や一人っ子が増え、人と人のコミニケーションを取るのが下手な人が増えたことの影響に思います。

また、価値観や時代の変化により、多種多様性のある社会になった事も関係していると思います。恋愛をしなくても生きていく事は可能ですが、若いうちに経験するのが普通という時代ではなくなっている事は、非常に残念に思います。

一方、いつまでも女性でいる主婦が増えています。いわゆる恋愛体質です。昔は、芸能人といういわば例外的な存在に多かった恋愛女子が、一般人にも増加中です。
これが、増加するとどうなるかと言えば、不倫が増える社会になるという事です。
不倫と言えば、既婚男子と独身女性という組み合わせが多かったのは過去の時代になりつつあり、既婚女性と独身男性、既婚女性と既婚男性という組み合わせも増えています。

目的を決めたのなら、それを達成するための最短ルートを考える必要があります。

こと恋活について考える場合には、ド・ストレートに思いを伝えると簡単です。
人は必ずと言って間違いないほど、異性からの率直な愛情表現に弱いことが知られています。
そのような特性を上手に利用できれば、恋活は呼吸をするような感覚で行えるというわけです。

率直な愛情表現とは、スバリ性的なスキンシップを指します。
一例として、気になる異性の近くに座ってから股間でも触ってあげるのです。
そうすると、嫌がっている素振りを見せつつも、まんざらでもない表情を浮かべることがなきにしもあらずです。

その状況を作り出せられば、恋活の主導権を自身が握っていると考えて問題ありません。

さらに、相手の乳頭にでも触れてあげるのです。大抵の哺乳類は、乳房を弄くられると気持ち良い反応を示します。

そうなったら、異性は自身にメロメロになるのです。
後はホテルに行くなり、好きなようにします。